FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback --  |  comment --

PAGE TOP

ボトル内環境改善 ~その後~ 


KAZさんのプレ企画が開催されます。
KAZさんプレ企画バナー



先日、廉価版のなんちゃって「Breathing Disk」を作って、幼虫を投入し逆さまに置いたボトル、翌朝見ると・・・
経過20171023-1
経過20171023-2
てっきり下の方で動き回っているかと思っていたら食い上っていました。

夜には下のほうに移動していました。
経過20171023-3

投入2日目の夜には菌糸の再生が始まっている様子がわかります。
経過20171024

3日目の夜には
経過20171025-1
経過20171025-2
更に菌糸の再生が進んでいます。

プリンカップの板を食い破るかと心配していましたが大丈夫でした。
問題はガス環境が改善されているかどうかなんですが、酸素、二酸化炭素の濃度を測る機器がないので、雑誌の記事を信じるしかないでしょう。
スポンサーサイト

テーマ: クワガタ・カブトムシ - ジャンル: ペット

trackback --  |  comment (2)

PAGE TOP

ボトル内環境改善 


最新号のBE-KUWAで、従来の菌糸ビンの縦置きだと酸素濃度が低く、二酸化炭素濃度が高くなってあまりよろしくない。「Breathing Disk」なる通気口つきのアクリル円板を使って逆さ置きにすると菌糸ビン内のガス環境が改善されるとの記事がありました。
ネットで調べると、アクリル円板にセミオーダーの穴加工をして販売しているところがありましたが、800ボトル用でも1枚1,000円を超えてしまいそうです。

安価な材料で試作してみました。
材料はこれ、
120プリンカップ20171022
120mlのプリンカップです。

これに通気用の穴をあけ、ちょうどいい高さにカットします。
加工後20171022

こんな感じに入れて、詰めた菌糸と蓋の間の隙間がふさがらないようにして通気を確保するらしいです。
菌糸ビン20171022

実験に付き合ってくれたのはこの幼虫です。
17YGA1-24-20171022

菌糸を詰めたときに作っておいた窪みに幼虫を投入します。
幼虫投入20171022-1

窪みが少し小さいみたいで、窪みから体が少しはみ出し、プリンカップで作った部品が少し浮いています。
もう少し大きな穴にして幼虫がすっぽり入るくらいにしておいたほうがいいみたいです。
幼虫投入20171022-2
このまま蓋をするとプチッとなりそうで怖いので少し待っていると・・・

幼虫投入20171022-3
少し潜ってくれ、はみ出さなくなったので、慎重に蓋をしてビンを逆さまにして置いておきました。

アクリル板と違って、幼虫が齧ると簡単に穴が開いてしまうのでその点が心配です。
これでうまくいってくれるといいのですが、どうなるでしょうか。

テーマ: クワガタ・カブトムシ - ジャンル: ペット

trackback --  |  comment (8)

PAGE TOP

ロンギチョンのマット交換 


クワカブマイスターさんからいただいたロンギチョン、6月に産卵セットに投入し、8月に割り出しを行っていました。
2♀いましたが爆産を警戒して1♀だけ産卵セットに投入し、11頭と程よい数の幼虫が採れました。

どのくらい大きくなったか見たかったので、マット交換&体重測定です。

こちらがトップ2です。
ロンギチョン20171019-1

ロンギチョン20171019-2

残りは14g台5頭、13、12、10、9g台が各1頭でした。
7月孵化だと思うので、いい感じで育っている気がします。

♂親は短角だったので、この中から長角のカッコいいのが出てくれるのを期待しています。

テーマ: クワガタ・カブトムシ - ジャンル: ペット

trackback --  |  comment (8)

PAGE TOP

ビコルニスのマット交換 


efdenさんからいただいたビコルニス。
1♂3♀の爆産体制になったんですが、6月下旬に1♀だけ産卵セットに投入。
幼虫を確認したあとも産卵セットの1300ボトルのままで多頭飼育(放置?)し、夏にマット交換して多頭飼育を継続してました。
最近、覗いてみるとほとんど糞だけになっていたので、慌ててマット交換しました。
ビコルニス20171011

19頭いました。夏に見たときはたしか20頭だったと思います。
多頭飼育で大丈夫か不安だったのですが、仲良く暮らしていたみたいです。

4月に羽化した親は11月孵化だったので、年内には成虫の姿が見れるかもしれません。
trackback --  |  comment (6)

PAGE TOP

ヘラクレスマット交換 


★かぶ☆さんのプレ企画が開催されています。
2017★かぶ☆さんプレ企画応募バナー
豪華な協賛品で目移りしちゃいますね。応募は8日までなのでお忘れなく。
私の協賛品はこちらです。よろしくお願いします。


先日ヘラヘラのマット交換をしました。
個別飼育しているのと大ケースで多頭飼育している幼虫がいます。
個別飼育組は途中まで800とか1300のボトルに入れていたせいか生育が停滞しているみたいで、遅く生まれた多頭飼育組に追い越されそうになっていましたがどうなったでしょうか。

残念ながら、個別飼育組は横ばいか微減って感じで全然大きくなっていませんでした。
一度停滞モードに入ってしまうと難しいんでしょうか?

多頭飼育組の2トップです。
ヘラヘラ20170926-01

ヘラヘラ20170926-02
残りは60g台3頭、70g台2頭でした。

多頭飼育なので同一個体かはわかりませんが、上位2頭の体重推移はこんな感じです。
6月    8月   10月
76.2 → 87.9 → 94.9
61.0 → 73.9 → 88.5

なんとか停滞せずに育ってくれてますが、まだ当面の目標の100gには届きません。
次の交換でギリギリ100g超えるかどうかってとこですね。

個別飼育組の挽回と多頭飼育組の順調な成長でなんとか100g超えてほしいです。

テーマ: クワガタ・カブトムシ - ジャンル: ペット

trackback --  |  comment (8)

PAGE TOP

能勢YG2本目交換開始 


★かぶ☆さんのプレ企画が開催されています。
2017★かぶ☆さんプレ企画応募バナー
豪華な協賛品で目移りしちゃいますね。
私の協賛品はこちらです。よろしくお願いします。


去年に続き今年も苦労した能勢YGの産卵セット。
4ライン組んだものの、6月の割り出しでは1ラインしか幼虫をゲットできませんでした。
再ペアリング後の再セットやラインの追加、プレ企画で当選させていただいた里子でやっと予定の50頭を確保しました。
6月割り出しの幼虫が投入から3か月以上経ったので交換を開始しました。

まずは8割以上食痕の広がった4本を交換。

こちらが最大体重の個体です。
能勢YG20171030
能勢YG 79.0×51.0 32.8g

これまでの自己最高が32gなので自己記録更新です。

実はこの1ラインが27頭と爆産してくれたお陰で飼育数が予定数まで届いたのですが、飼育数の半分以上を占めているこのラインが外れだと今期の飼育テンションががた落ちになってしまうところでした。
残りの3頭は・・・

31.4、30.9、30.0gとすべて30gを超えてくれました。
外れどころか当たりラインじゃないですか。
これで残りの交換も期待が持てそうです。

昨年の2本目交換時に30gオーバーしてくれた3頭はすべてダイエットして30g台を維持できなかったので、次回交換でもなんとか現状維持して羽化サイズでも自己記録の更新をしたいものです。

テーマ: クワガタ・カブトムシ - ジャンル: ペット

trackback --  |  comment (4)

PAGE TOP

★かぶ☆さんのプレ企画協賛品紹介 


★かぶ☆さんのプレ企画が開催されています。
2017★かぶ☆さんプレ企画応募バナー
私も協賛させていただいてます。


私の協賛品を紹介します。
昨年の★かぶ☆さんのプレで、クワカブマイスターさんにいただきブリした、フローレス産ギラファノコギリクワガタの幼虫5頭です。

こちらが参考画像。
すでに羽化した協賛品の兄弟になります。
ギラファ20170902
ギラファノコギリクワガタ  7月羽化 ♂ 98mm (4月末の交換時体重35g)

ご応募、お待ちしています。

テーマ: クワガタ・カブトムシ - ジャンル: ペット

trackback --  |  comment (4)

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

幼虫管理表

FC2カウンター

メールフォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。