観察ケース 


かっつさんのプレ企画が始まりました。
現在は、協賛品の募集期間です。

第6回 GreenStyle春プレ!

『 飼育者同士の交流を広げよう&深めよう 』

かっつさんプレ企画

~ 開催期間 ~

  協賛募集 平成28年5月9日(月)~5月15日(日)
  応募受付 平成28年5月16日(月)~5月21日(土) 
  当選発表 平成28年5月23日(月) ※予定

※ バナーをクリックするとプレ企画のページに移動します。
  詳細はそちらでご確認ください。



小学生の息子が学校で生き物の係になったとのことで、何か学校に持っていきたいと言われ、
20160508観察ケース01
こんなものを用意しました。

なんだかわかりますか?

右下をアップすると、
20160508観察ケース02
カブトムシの幼虫が入っています。

容器は百均で買ってきた書類ケースです。
最初は薄いタッパで適当なのがないか探していたのですが、店内を物色しているうちにこの書類ケースに目が留まりました。
いろんな種類があったのですが、他の書類ケースは真中に合わせ目がありマットを入れてケースを閉じるのが難しそうでした。
このケースは端に合わせ目がありちょうど良いかなってことでこれを選択。

下側の三分の一くらいは蛹室を作りやすいように少し硬めにマットを詰めてあります。
市販の観察ケースもあるみたいですが、これで十分でしょう。
これで蛹室の作成から、蛹化、羽化が観察できるはずです。
スポンサーサイト

テーマ: クワガタ・カブトムシ - ジャンル: ペット

trackback --  |  comment (12)

PAGE TOP

国産カブトムシ 


ひでのぱぱさんのブログで  

「ブログ開設4周年記念&70.000HIT記念プレ企画」

の当選者が発表されています。 
ひでのぱぱさん、楽しい企画をありがとうございました。


先月の中旬、国産カブトムシ幼虫を入れた衣装ケースでマットの中の糞が目立ってきたので、ふるいで糞を取り除き、新しいマットを追加しました。
その時、♂♀の判別はしなかったのですが、幼虫の体重を測ってみました。

カブトムシ幼虫の体重20151017
幼虫は全部で45頭いて、体重の最大は24g、最少は15gでした。
偶然19gが少なかっただけかもしれませんが、20g以上と18g以下で♂♀が分かれているのかもしれません。
体重の重かった3頭は大きめの容器に移して、屋内で優遇飼育して大型を狙います。
その他の幼虫たちは、1つの衣装ケースにいれ、屋外で越冬してもらいます。

これとは別に、小さいころからクワガタが食べた菌糸の食べカスなどを与えて大型を狙っている幼虫がいます。
先日、オオクワの菌糸ビン交換をしたときに食べカスが出たので、その幼虫のビン交換をしました。
カブトムシ幼虫20151107
体重は29gでした。
測定時期が20日ほどずれているので直接の比較はできませんが、
早い時期からの優遇飼育の効果が表れているようです。
29gがこの時期のカブトムシ幼虫として大きいのか小さいのか判りませんが、
なるべく大きく立派な♂になってもらいたいです。
trackback --  |  comment (10)

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

幼虫管理表

FC2カウンター

メールフォーム