ムシモン割り出し 


夏前に割り出したムシモンオオクワガタの幼虫は、割り出しが早すぎて3頭しか残っていません。
♀も産卵セットの中で★になってしまいました。
♂は健在だったので、♀だけ購入して産卵セットを組んでいました。
投入後早々と卵が確認でき、幼虫の姿も見えていたのですが、今回はある程度大きくなるのを待っていました。

ムシモン割り出し20161119-1
もう大丈夫だろうってことで割り出しです。

細い産卵木も埋め込んであり、それを外すと、
ムシモン割り出し20161119-2
いきなり4頭の幼虫の姿が見えます。

ムシモン割り出し20161119-4
合計で20頭ゲットです。
ケースの外側から見えていたのは4頭だったので、多くても10頭くらいを予想していたのですが、材のなかから1頭、また1頭と幼虫が出てきて、こんな数になってしまいました。

簡易温室や冷温庫などのスペースにゆとりもなくなってきて、爆産のにおいプンプンのギラファも控えているので、全部を個別管理する余裕はありません。
8頭はオオクワの菌糸詰めの時の余りで詰めた菌糸プリンカップに入ってもらい、残りの12頭は産卵セットに使ったミニケースに再度マットを詰め、同居してもらいました。
ムシモンの成虫は常温で越冬するほど丈夫なので、幼虫も常温で大丈夫そうですが、どうなんでしょうか。
常温管理でOKならこのまま越冬してもらって、春から個別管理に移行も可能ですよね。

こちらが頑張ってくれた♀です。
ムシモン割り出し20161119-3
十分産んでくれたので、ゆっくり休んでもらいます。
スポンサーサイト

テーマ: クワガタ・カブトムシ - ジャンル: ペット

trackback --  |  comment (10)

PAGE TOP

やっぱりムシモン 


いよいよ★かぶ☆さんのプレ企画がはじまりました~。
現在、協賛品の受付中ですが、組んでいる産卵セットが不調みたいでどうするか思案中です。

2016かぶ☆さんプレ企画

協賛品の受付  9月24日~10月10日
応募      10月10日~16日
当選発表    10月18日(予定) 




6月に割り出したムシモンオオクワガタの幼虫。
その時に1頭だけほかの幼虫と明らかに大きさの違う幼虫がいて、本当にムシモンなのかと思うほどでした。
その幼虫が先月の上旬に羽化していて、もう十分固まっただろうと掘り出しました。

ムシモンオオクワガタ20161005
ムシモンオオクワガタ ♂ 31mm 9月上旬羽化

当たり前なのかもしれませんが、やはり、ムシモンオオクワガタでした。
親は♂26.5mm、♀21.5mmなので、なんとか親越えしてくれました。

一緒に割り出した小さな幼虫たちは、ほとんどが★になってしまい2頭が残るのみです。
購入したクワカブショップで聞いたら、「割り出しが早すぎ」とのことでした。
幼虫が見えたら♀を外して1か月待ってから割り出しくらいがちょうどよいらしいです。

ドルクスは長生きで羽化ずれとかはあまり気にしなくてよさそうなので、気長に♀が出てくれるのを待つことにします。

テーマ: クワガタ・カブトムシ - ジャンル: ペット

trackback --  |  comment (14)

PAGE TOP

リベンジムシモン 


昨年、この春と2度産卵セットを組んだものの空振りに終わったムシモンオオクワガタ。
ムシモン20151101

5月の中旬に産卵木のセットに投入してありました。
ケースの側面を見ると幼虫の姿を発見!
20160618ムシモン?

別の場所にも小さな幼虫の姿が・・・
20160618ムシモン01

早速、割り出してみました。
幼虫は小さいとは聞いていましたが、ほんとにちっちゃいです。
20160618ムシモン02
潰さないようにそっとマットを崩して幼虫を探し、幼虫7頭と卵2個をゲットしました。
3度目の正直でリベンジ成功です。

ムシモンの幼虫を見るのは初めてなのですが、最初にみた幼虫だけとびぬけて大きく(オオクワの初令後半くらい)、あとは同じくらいの大きさです。
産卵セット後1か月でここまで大きくなるものなんでしょうか。
孵化時期の違いというより、種類が違うんじゃないのってくらいの大きさです。
産卵木は昨年のセットでも使用しそのまま越冬用セットとして使っていました。
越冬後にコバエがわいたのでマットを処分し、産卵木は齧った様子もなかったので取り出して保存してありました。
中で幼虫が生き残っていたんでしょうか?今回のセット前に乾いた産卵木を水につけて給水させたりもしたんですけどね。
累代分は何とか確保できましたが、♀には改めて産卵セットに入ってもらいました。
疑惑の幼虫も含め、成長が楽しみです。

テーマ: クワガタ・カブトムシ - ジャンル: ペット

trackback --  |  comment (10)

PAGE TOP

ムシモンオオクワガタの産卵セット 


昨年の秋に産卵セットを組んだものの坊主だったムシモンオオクワガタ。
産卵セットのまま越冬してもらっていました。
オオクワと一緒に冬眠から覚めてもらい、1週間ほどペアリングさせてから、♀を菌糸ビンに投入していました。
2週間たったので様子を見てみると・・・
20160414ムシモン産卵セット02

20160414ムシモン産卵セット01
掘ってから埋め戻した跡はありますが、卵は見えず・・・。
見えないところに産んでくれているといいのですが、ペアリングがうまくいっていない可能性もあります。

そこで、♀を回収してプリンカップにて再び♂とペアリングです。
20160414ムシモンペアリング01
前回は隠れ家になる樹皮を入れていましたが、今回は隠れ家なしで仲よくしてもらいます。
累代できるよう何とか生んでもらいたいです。

テーマ: クワガタ・カブトムシ - ジャンル: ペット

trackback --  |  comment (16)

PAGE TOP

産んでください 


ひでのぱぱさんのブログで  

「ブログ開設4周年記念&
70,000HIT記念プレ企画」


が開催中です。

現在応募受付中ですよ!!

応募期間
2015年11月1日~2015年11月7日


当選者発表予定 
2015年11月8日

私も微力ながら国産ミヤマクワガタ幼虫を協賛させていただいています。



昨日、ムシモンオオクワガタの産卵セットの産卵確認をしました。

ムシモン20151101
♂26.5mm7月下旬羽化、♀21.5mm5月下旬羽化とのことでしたが、
8月末には後食をしていたので、ペアリングして9月上旬に産卵セットを組みました。
9月末に確認したところ全く産卵木を齧っておらす、ボウス確定。
再ペアリングして、10月上旬に再度産卵セットに投入していました。
残念ながら、今回も全く齧っておらず、マットの中にも卵・幼虫は見えませんでした。

♂が7月下旬羽化なのでまだ早かったのかもしれません。
もう気温も下がってきたので、春になってから3度目のチャレンジをしてみます。
trackback --  |  comment (16)

PAGE TOP

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

幼虫管理表

FC2カウンター

メールフォーム